ケーススタディ:仁川グローバルキャンパス

仁川グローバルキャンパス、マルチメディアコミュニケーションにより高等教育の未来を紹介


仁川グローバルキャンパス(IGC)は、北東アジア最高の教育拠点を作るために、韓国政府と仁川市によって設立された国家プロジェクトです。


IGCは、教育、経済、文化、芸術の分野で次世代のグローバルリーダーを育成するために、2025年までに世界の有名大学10校を誘致することを目指しています。IGCでの開校が予定されている新しい大学と既存の大学が新しい学部でプログラムを拡大することにより、IGCは教育カリキュラムに対する認知を高め、学生の登録をグローバルに推進したいと考えました。メッセージが埋没せず、比較的若いオーディエンスに共鳴するように、IGCはマルチメディアコミュニケーションアプローチを採用しました。


ケース スタディをダウンロードして、詳細を確認してください。


本サービスは欧州経済地域以外の住民に限り、ご利用いただけます。個人情報を提供した上で、あなたが欧州経済地域に在住でないことご承諾いただきます。





  • 企業アカウントのメールアドレスを使用してサインアップしてください。






  • はい いいえ

  • * 必須